システマとソマティクス ~ 前半・システマ編

 

はりきゅうマッサージ シーベルズ大磯 代表の渡邉航也です。

 

 

システマ!?

 

 

ソマティクス!?

 

 

同じ日に「システマ」と「ソマティクス」を体験してきました。

 

 

まず、システマについてですが、説明はシステマ東京のWEBサイトから引用します。

 

 

『「システマ」とはロシア軍特殊部隊の将校、ミカエル・リャブコが、ロシア古来の武術を元に創始したトレーニングシステムです。「呼吸」を核とした独自のアプローチによって心身のパフォーマンスを引き出し、サバイブする力を養います。ワークはマーシャルアーツ(格闘術)から心身のコンディショニング、リラクゼーション、ヒーリングなど多岐に及んでいます。

 

 

その卓抜した効果から、かつては軍事機密とされていましたが、冷戦終結後に公開され、瞬く間に世界各国に広がりました。現在は武道や格闘技の枠を超えて、男女共に子供からお年寄りまで多くの人々に楽しまれています。』

 

 

と、あります。私がシステマに求めるものは、リラクゼーション、ヒーリング、心身のコンディショニングなどです。施術をするにあたって、とても重要なエッセンスがたくさん詰まっているように思っています。

 

 

システマを知ったのが、私が治療の核としている碓井流活法が「月刊秘伝」という雑誌で特集されたときに、システマが紹介されていました。ただの格闘技だったらそこまでは興味をひかなかったと思うのですが、システマの記事を読んで何かビビッと感じるものがあったのです。

 

 

もっと知りたいと思い、この本を読みました。

 

 

システマ・ボディワーク 自然で快適に動き、【本来の力】を最大に発揮する!

 

 

著者の北川さんは、日本で二人目の公式システマインストラクタ-で、書籍をたくさん出版されています。システマを日本に広めた立役者の一人といっても良いと思います。

 

 

実際にシステマを体験したいと思い調べたら、システマのトレーニングができるグループがたくさんあり、神奈川県にもいくつかありました。初心者大歓迎とありますが、初心者の私がいきなり参加するのは、かなりハードルが高いです。

 

 

その後、カルチャーセンターで北川さんが教えていることが分かりました。6回シリーズだったので、システマの概要がわかるかなと思い、申込みしました。これが、2016年4月でした。このことは、ブログで書こうと思ったのですが、うまくまとめる事ができず、アップできませんでした。でも、呼吸法、ストライク、マッサージ、ナイフ、マーシャルアーツなど一通りのことを体験できたので、初心者の私にはとても良かったです。

 

 

カルチャーセンターは6回のコースで卒業して、なんとなくシステマの雰囲気が分かってきたので、今度は各地のグループ(鵠沼、藤沢、四谷)に参加しました。システマのグループは、習い事のように月謝とかない団体も多く、都合の良い時に参加できるところが気に入っています。

 

 

前置きが長くなりましたが、この日は、鵠沼のトレーニングに参加いたしました。半年ぶりくらいです。鵠沼のインストラクターはフランス人のピエールさんです。

 

 

 

 

黒いTシャツの方がピエールさん。3年前の映像ですが、実際本人にお会いすると、やさしさあふれる好青年です。動きはとてもしなやかですが、すごい強さを感じます。私なんか手も足もでません。

 

 

こういう方と対峙していると、自分の無力さに愕然とすることもあるのですが、そのことで私はとても謙虚になれるのです。治療のお仕事をしていると、難しい症状を治したりして、患者さんから「先生のおかげです!!」といったお言葉をいただいたりすると、「自分ってすごい人間なんじゃないか」と思ってしまうこともあるのですが、高くなった鼻をへしおってくれます。

 

 

定期的に学ぶことは出来ない状況なのですが、今後も、時間を見つけたは、トレーニングに参加したいと思っています。

 

 

終わってからは、ソマティクスのセッションをうけるために渋谷に移動しました。

 

 

長くなってしまったので、後半へ。

 

アドラー心理学 第2回関東地方会

 

はりきゅうマッサージ シーベルズ大磯 代表の渡邉航也です。

 

 

ブームも少し落ち着いついてきた?!アドラー心理学ですが、私はアドラー心理学会に所属しており、最近では「アドラーよこはま」というアドラー心理学会公認のグループでお勉強させて頂いております。

 

 

全国各地にこのようなグループがあるのですが、今回は関東地区のグループが集まって、交流を図りました。

 

IMAG0646

 

 

午前中は、パネリスト3人が、アドラー心理学に基づく子育てプログラム「パセージ」を実践してみて、どのような変化が起きたのかを、お話ししてくださいました。守秘義務がありますので、具体的な内容はご紹介できませんが、パセージを受けて子どもとの関係が良くなったという話を聞き、とても素敵な話に心を打たれました。

 

 

私も、2015年にパセージを受講しましたが、私の場合は、アドラー心理学を学びたいという思いが先にあって、そこから「パセージ」のことを知りました。子育てについて思い悩んでいたという訳ではなかったので、今回のケースのように、子どもとの関係が劇的に変化したということはありません。

 

 

私は今のところ子どもとの関係は良好だと私は思っていますか、何か困ったことがあったとしても、パセージを実践していけば間違いないし、自助会という相談できる場があるので、とっても心強いです。もし、子育てで悩んでいる方がおりましたら、パセージの門をたたいてください。

 

 

パセージの体験談で、最初は「新興宗教かと思った・・・」という方がおりましたが、知らない方は確かにちょっと怪しい???と思うかもしれませんね。でも大丈夫です!!全国のパセージは、ここで受けられます。

 

 

passage

 

 

 

午後は、グールプワークです。7、8名のグループになって、子育ての事例について話し合いました。私のグループは、10歳くらいまでの子どもがいる方が私を含めて二人だけでした。

 

 

今回のグループワークを企画された方が、アドラーよこはまの方で、ワークのためのネタを用意して欲しいと事前に連絡がありましたので、少しだけ考えていました。ただ、あまり大したネタではなかったので、誰も相談ごとがなかったら私のネタを提供しようと思っていたのですが、見事に私のが採用されてしまいました。

 

 

グループには、アドラー心理学会の認定カウンセラーの超ベテランの方もおり、ちょっと緊張しましたが、かけていただいた言葉の一つ一つが私の心に響きまして、ぐっとくるものがありまた。今回のグループワークの一つの課題として、私の「適切な側面を見つける」と言うのがあったのですが、これは簡単に言うと良いところ探しです。

 

 

ただ、決して私をほめるという感じではなく、私がある場面でとった言動に対して、みなさんが良いところを探してくれるのです。私がこどもに対して良いふるまいをしていないと思っていた場面でも、「適切な側面」を見つけて頂いてくださいました。これは一人で考えても思い浮かばない事です。「他人はこんな風に思うの??」という発見があります。これがグループワークのだいご味ですね。良いところを指摘していただくと、嬉しいやら恥ずかしいやらという感じはありますが、悪い気はしません。

 

 

よく「罪を憎んで人を憎まず」と言いますが、これは人格と行為を分けて考えようということだと思います。アドラー心理学の適切な側面を見つけるということは、この逆で、人格ではなく、私の行為の良いところを探してくれているように思います。知らない人から私の人格をいきなりほめられても、「俺の何がわかるんだよ!」とか思うかもしれないし、「嘘くさい」匂いを感じてしまいそうです。しかし、行為に対しての良い点を指摘して頂くのは、素直に聞くことができて、私の自己肯定感が増したように思いましたね。ですから、子どもきっと同じだよな~と思いました。こどもの適切な言動をたくさん見つけて、伝えてあげようと思いました。

 

 

私は、今までグループで何かを学ぶと言う事にあまり関心がないというか、何となくなく苦手意識もあって、実践してきませんでした。しかし、今回のアドラー心理学の自助会もそうですし、活法研究会のセミナーや勉強会、オープンパスメソッド身体教育研究所で1年半一緒に学んだ同期、他にも名前は出しませんが、仲間とともに何かを学ぶと言う機会が増えてきて、しかも、その面白さや相乗効果も感じています。

 

 

私はこどもの頃、少年ジャンプを貪るように読んでいましたが、雑誌のキーワードは「友情」「努力」「勝利」です。さしあたって、最近の私のキーワードをあげれば、「仲間」「協力」「成長」かな。そんなことを思いながら、心地良い気分で会場を後にしたのでした。

 

インディバ・アクティブ勉強会 ~ トレーナーに聞くスポーツ現場の実際

 

はりきゅうマッサージ シーベルズ大磯 代表の渡邉航也です。

 

 

インディバ・アクティブの勉強会に参加してきました。今回は、座談会形式です。

 

LOGO_IA_0516_SR.cdr

 

 

司会は、トレーナーなら一度は読んだことがあるであろう「月刊トレーニング・ジャーナル」や「月刊スポーツメデスン」で編集を経験されており、スポーツ医学編集の草分け的存在と言われる清家輝文さん。現在は、スポーツ医学のマルチメディアステーション「MMSSM」というWEBサイトを管理されています。

 

 

パネリストは、オービックシーガルズのヘッドアスレチックトレーナーで、NATA公認トレーナーの吉永孝徳さんと、スポーツ堂整骨院城北院の院長で、日本体育協会公認トレーナー(JASA-AT)の海野祐生さんでした。

 

 

一応、私も日本体育協会公認トレーナー(JASA-AT)の資格をもっています。試験を二回受けているのですが、実技試験の試験官が、確か吉永さんだったのではないかと記憶しています。吉永さんは、昔からトレーナーとして活躍されている有名な方でしたから、お顔は存じ上げておりました。吉永さんが、インディバを活用されていると聞いて嬉しく思いました。

 

 

清家さんがいろいろと質問しながら、パネリストが答えていくという形で進行したのですが、90分があっという間に終わってしまいました。もう少しインディバの話や実技の紹介があると嬉しかったのですが、私はスポーツ現場から離れてずいぶんと経っていますので、現役でトレーナーとして活躍されている方のお話は大変面白かったです。

 

 

私に関して言うと、今はチームに帯同するというのは、なかなか難しい状況ですので、治療院内でできるトリートメントやコンディショニングで、スポーツ選手をサポートしていきたいと思っております。ただ、せっかく日本でオリッピックが開催されるのですから、東京オリンピックでは何か協力できないかなと思っています。

 

 

インディバの会長から聞いた話ですが、スペインのバルセロナFCでは、インディバを20台以上導入しているとのことです。ただ、チームで購入したのは1台だけで、あとはトレーナーが個人で購入して、それを持ち込んでいるとの事でした。日本ではあまりこういうシステムは聞いたことがありません。

 

image

 

どういうシステムになっているのか詳しいことは分かりませんが、Jリーグは専属トレーナーの数が少なく、選手へのケアも十分でないように思います。ですから、バルセロナのようにインディバを持っているトレーナーや、特技のある治療家がチームの中に入って、選手のケアができたら、面白いなと思っています。ただ、チームのヘッドトレーナーは管理が大変そうですけどね。

 

 

インディバは、サッカーでなくても、ラグビーでも、アメフトでも、野球でも、水泳でも、体操でも、陸上でも、バスケでも、競技は問わずに活用することができます。もし、インディバを受けてみたいといチームがあれば、ご相談ください。半日とかでしたら、調整して出張できるかもしれません。活法や整動鍼もスポーツ選手と相性の良い治療方法ですから、きっとお役に立てるはずです。

 

Joaquim-Rodriguez_Katusha_treatment1

 

J2 第26節 湘南vs松本山雅FC ~ イナズマイレブン

 

はりきゅうマッサージ シーベルズ大磯 代表の渡邉航也です。

 

 

この日は19時キックオフ。小4の娘を誘いましたが、地元の盆踊りがあるからと断られました。年長の息子には、この時間はまだ厳しいです。普段は21時前には寝ていますので。

 

 

ということで、今回は一人です。自転車でBMWスタジアムまで行き、メイン指定席でゆっくりと観戦しました。

 

IMAG0631

 

湘南は首位です。2位と勝ち点1差。J2は、首位の湘南と2位の福岡が少し飛び出しています。2位までがJ1に自動昇格できるので、このまま2強で進むのが理想です。しかし、松本もプレーオフ進出の6位を狙っているでしょうから、この日も厳しい試合になることが予想されます。

 

 

この日のスタメンには、7月末に入団内定&特別指定選手承認されたばかりの、松田天馬選手が抜擢されていました。身長は、公式発表で164cm。ベルマーレって小さい選手が多い印象を私はもっており、松田選手の入団を知った時には、また小さい選手か・・・と思ってしまいました。松田選手ごめんなさい。

 

 

キックオフしてすぐに、松田選手にもボールが渡りきびきびとした動きをしております。早速シュートも放ちますが、枠の外。なかなかいい感じです。

 

 

あとで知ったのですが、松田選手は、ゲーム「イナズマイレブン」の松風天馬のモデルとのこと。このゲームはプレイしたとこはありませんが、こういう選手が入るのは話題になっていいですね。今はまだ大学生なのでできないと思いますが、来年、正式に入団したら何かコラボ企画があることが予想されます。プレーとともに、今後に色々と期待したいです。

 

t02200220_0318031812814988346

 

松田選手がシュートしたすぐに後に、先制点を決められてしまいました。しかし、前半の内に2点を奪い逆転に成功。スタジアムは盛り上がります。そして、ハーフタイムには、打ち上げ花火があがっていました!!

 

 

後半は拮抗したゲームとなりましたが、安心して試合を見てられました。私もほろ酔い気分でいい感じです。

 

 

そのまま試合終了、2-1で勝ちました。

 

 

松本はサポーターが熱心なことで有名で、この日もたくさんのサポーターが遠くから来ておりました。しかし、観客数は9千人にも届かず。この日は厚木、茅ケ崎、小田原などで花火大会があったためか、ベルマーレサポータが少なかったようですね。残念です。

 

 

これで3位との勝ち点差が9となりました。次節は、3位の長崎とAWAYで対戦です。長崎は、「ジャパネットたかた」の高田さんが社長になって、なんか強くなっています。楽しみですね。

 

2017年8月11日 | カテゴリー : サッカー | 投稿者 : seabells-oiso

第67回湘南ひらつか七夕まつり

 

はりきゅうマッサージ シーベルズ大磯 代表の渡邉航也です。

 

 

平塚と言えば、「七夕まつり」。

 

IMAG0587

 

 

少し前の話になりますが、娘に誘われて仕事の合間にいってきました。いつ以来か覚えていないくらい久しぶりです。

 

 

豪華な飾りが通りを埋め尽くしています。

 

IMAG0588

 

屋台もものすごい数です。昼からお酒も売っています。まだ仕事も残っていたので、ここは我慢です。

 

 

屋台で目立ったのが、電球ソーダとハンドスピナーです。

 

 

電球ソーダは、韓国で人気らしいです。中はソーダが入っているようです。

 

150869

 

娘と「あまり美味しそうじゃないね~」と、スルー。

 

 

そして、ハンドスピナー。

 

2017-0510_HandSpiner-1

 

 

「何だ、あのおもちゃ~?」と思っていたのですが、海外で爆発的に人気を集めているおもちゃとのこと。全然知らなかった~。

 

 

お祭りのときは、娘は何の反応も示さなかったのですが、実は興味があったらしく、後日、自分のお小遣いで買っていました。すこし遊ばせて頂きましたが、私には何が面白いのがよく分かりませんでした。色んなテクニックとかあるのでしょうか??

 

 

ボルダリングの体験ができるので、参加してきました。娘はこういうのが得意。あっという間に上ってしまいました。

 

 

IMAG0593

 

面白そうにやっていたので、こんどはジムに連れて行ってあげたいですね。私も挑戦してみたいですが、指が少し心配です。商売道具ですから痛めてしまってはいけません。

 

 

今年は松岡修造が来て、「C.C.Lemon 元気応援 SONG」を熱唱したようです。残念ながら時間が合わず見る事はできませんでした。

 

 

 

 

滞在時間2時間弱でしたが、七夕まつりの雰囲気は十分楽しめました。

 

フィールドアスレティク横浜つくし野コース2017 ~ 落ちる、落ちない

 

はりきゅうマッサージ シーベルズ大磯 代表の渡邉航也です。

 

 

フィールドアスレティク横浜つくし野コース」にいってきました。2回目です。

 

IMAG0552

 

前回の様子は、こちら

 

 

前回は家族4人でしたが、今回は息子と2人です。頼りのお姉ちゃんがいませんので、息子は自分でやるしかありません。

 

 

どうなるかな?と思いましたが、今回はやる気モード全開で、積極的にチャレンジしていました。子どものそういう姿を見ると、嬉しくなりますね。

 

 

IMAG0583

 

 

池の上の遊具にも果敢に挑戦していました。前回来た時、娘は池に落ちそうになりハラハラしましたが、意外にも息子は余裕な顔をしてやっていまた。

 

 

XtmUhykx0e9IZK01499940968_1499941126

 

 

名物すべり台のフリーフォールもはじめは「怖い、怖い」と言ってなかなかできなかったのですが、最終的には一人で出来ました。でも、二回目はやりませんでしたけど。

 

 

息子君もだいぶ成長して来て、公園の遊具では少し物足りないようになってきたので、ここのアスチレティクは歯ごたえ十分なので、楽しかったようですね。やや遠いですが、また来たいと思います。