緊急指令 大磯から行けるプールを探せ!!

はりきゅうマッサージ シーベルズ大磯 代表の渡邉航也です。

 

lgi01a201405251100

 

「大磯」と言えば、やはり大磯ロングビーチ。プリンスホテルのプールなので、料金はやや割高です。我が家では、毎年1回は大磯ロングビーチに行っているのですが、今年の春にサマーランドに行ってみて、思いのほか近かったので、今年は大磯ロングビーチではなく、サマーランドにしましょう、と子どもと約束をしていました。

 

 

サマーランドもいい値段がするのですが、COOPで購入すると比較的安く購入できるのです!!COOPの注文は妻がやっているので、サマーランドのチケットを頼んだつもりでいました。サマーランドに行く2W前くらい前に何気に「サマーランドのチケットどうした?」と妻に聞くと、買っていないとの返事が・・・。

 

 

何だかとっても損した気分です。サマーランドに行く気力が急に冷めてしまい、来年の楽しみしましょう、ということにしました。しかし、代替案を提示しないと娘は納得しません。

 

 

従妹と行く予定だった辻堂海浜公園ジャンボプールが雨で行けなくなった事件がありました。そこで、辻堂海浜公園ジャンボプールはとりありず行きましょう、ということに決まりました。

 

 

これだけでは、まだ娘は納得しません。まだ行ったことのない楽しいプールに行きたいと。小3ともなると、普通のプールでは満足しません。

 

 

大磯には、照ヶ崎プールという町営のプールがあるのですが、この時にはすでに5回くらい行っており、もう飽きたそうです。

 

 

神奈川県で手ごろな料金で大きいプールを探したところ横浜市青葉区にある「こどもの国」を見つけました。ここは以前から行ってみたいと思っていましたが、大磯からだとやや不便なところにあるので、まだ行ったことがありませんでした。娘にWEBサイトを見せたところ、OKがでました!!

 

 

しかし、こどもの国に行く日の天気予報は確実に雨との予報。ここは屋外のプール。娘は行きたがりましたが、私と妻は猛反対。

 

 

神奈川の室内プールと言えば、箱根のユネッサンが有名ですが予算オーバーです。小田原のヒルトンにもスパがありますが、大人は贅沢な感じでいいのですが、子どもはつまらないでしょう。もちろん予算オーバー。

 

 

横浜市金沢区にはリネツ金沢というゴミの焼却の余熱を利用している法人横浜市体育協会が運営しているプールです。ここは1回行ったことがあります。小さいですが、すべり台もありますし、温浴施設もあり、休憩場も広くのんびりできるなかなか良い施設です。

 

 

しかし、大磯から金沢区に行くには、134号線を使うのが一番早いのですが、夏の134号線はものすごい渋滞です。134号は湘南の海岸線に沿って走っている道路なので、1車線しかなく、逃げ道もないのです。この混雑時にわざわざプールのためだけには行きたくないと却下。

 

 

他には、新横浜の日産ウォーターパークとか鶴見のふれーゆなどがありますが、微妙に遠い。いっそのこと、電車の広告で見て気になっていた埼玉県の深谷市にあるパティオやフラガールで有名なスパリゾートハワイアンズ(福島県いわき市)が頭をよぎりますが、すぐに却下。

 

 

現実路線に戻り、そうなると、大和市にある引地台プールと相模原市にありLCA国際小学校北の丘センターのプールが有力候補です。

 

 

どちらも1回ずつ行ったことがあり、いずれもウォータースライダーや流れるプールがあり似たような施設で、料金も同じくらいのことから、結局近い方の引地台プールに決めました。

 

 

娘は楽しかった印象があったようで、何とか納得してくれました。

 

 

この近くにはコストコがあるので、帰りに寄れると妻も納得です。

 

 

5歳の息子はめずらしく家族4人で出かけられるので、それだけで満足です。

 

 

私も娘と冷静な話し合いで結論がでたことに満足。

 

 

そんなこんなでようやく落としどころが見つかりました。めでたしめでたし。

 

 

今回登場したプール一覧

 

 

GrinPa  - フリーパスは買いません!の巻

はりきゅうマッサージ シーベルズ大磯 代表の渡邉航也です。

 

 

夏のお話です。

 

 

夏休みは時間があれば、大磯の海水浴場にいっていたのですが、たまには海とプール以外でどこかに出かけたい!とのリクエストがありました。

 

 

娘はアスレチックに行きたいと言うのですが、その日はかなり熱くなるとの予報。

 

 

公園だ遊びのは暑いし嫌だなと思っていろいろと調べた結果、GrinPa(グリンパ)で「水上アスレチック カッパ大作戦」という新たな施設ができたとの情報を入手。

 

 

グリンパは富士山の2合目にある遊園地です。富士山の麓で涼しいだろうし、ちょうど良い!!ということで子ども二人を連れて行ってきました。

 

 

グリンパは息子は初めてで、私と娘は3回目です。

 

 

カッパ大作戦と無料の水遊び場があるというので、そこで遊べばあっという間に帰る時間になるだろうと思い、フリーパスではなく、入園料+3回乗り物チケットを購入。

 

 

さっそく「カッパ大作戦」へ。

 

DSCN0179

 

9歳の娘にはちょっと物足りない感じも否めませんが、楽しそうに遊んでいます。

 

IMAG0259

 

IMAG0256

 

ゴールしてから、もう1回くらいやらせようと思ったのですが、再スタート出来ない仕組みになっていました。乗り物チケットをもう1枚使わないとできないようです。あらら・・・

 

 

そして無料の水遊び場ですが、正直ちゃっちい(泣)。子どもたちもそこでは遊びたくないと言う。

 

 

仕方ないので、シルバニアビレッジを散歩します。等身大のキャラクターがあちこちにいます。

 

 

普段はカメラに映るのが嫌いな娘がキャラと一緒に撮ってというので、キャラ探しをしながら撮影していきます。

 

 

ウルトラマンもいました。大きい!!

 

IMAG0298

 

次に「ふわふわカーニバル」というこちらもアスレチック的なアトラクションで遊びました。思う存分動いてください!!という感じで最初は見守るも、結局一緒に遊びます。結構疲れました・・・

 

IMAG0292

 

その後は無料の室内施設で遊びつつ休憩。そしてお昼ご飯。子どもたちとどの施設で遊ぶか話し合いをします。追加でチケットを購入したので、乗れるアトラクションはあと二つ。

 

 

「ココドコ」という立体迷路に決定。

 

 

以前、プレジャーフォレストで同じようなアトラクションをしたことがあったのですが、それが楽しかった思い出があったようです。日本最大級の総床面積というだけあって、ゴールまでたどり着くのはなかなか大変でした。

 

 

最後は、「アリス・ト・テレス」というこれまたアスレチック的なアトラクションをやりたいとのこと。

 

 

子どもは元気ですね~。

 

 

しかし、雨が降ってきてしまい中止になってしまいました。

 

 

残念。

 

 

話し合いの結果、私と息子はゴーカートに、娘は一人で空中ブランコに乗って園を後にしました。

 

 

帰りは若干渋滞したものの、夕ご飯前には家に到着。ノ-プランでしたけど、なかなか楽しい1日を過ごすことが出来ました。

 

 

最初からフリーパスでがんがん乗り物にのっても良かったのですが、あえて4つしか乗れないという条件の中でいかに楽しむかを一緒に相談しながら決めました。

 

 

こんな感じで子育てをしています!!

世界鉄道博2016に行ったら、カップヌードルミュージーアムに無料で入場できた

はりきゅうマッサージ シーベルズ大磯 代表の渡邉航也です。

 

 

世界鉄道博2016は、プラレール博に行った時にチラシを頂いて、息子がずっと楽しみにしていたイベントです。

 

 

1-00006

 

プラレール博のように混んでいたら嫌だなと思っていたのですが、開催期間が長いですし、きっと分散されるから大丈夫だろうとポジティブシンキングで横浜パシフィコに向かいます。

 

 

息子が朝起きられなくて出発が遅れましたが、会場に着いたら思いのほか空いていて、一安心です。

 

 

世界鉄道博は、原鉄道模型博物館が企画協力しており、原鉄道模型博物館の模型がたくさん並んでいました。

 

 

原鉄道模型博物館には、昨年、息子と二人でに行きました。その時の様子はこちら

 

logo01

 

自分でぬり絵した列車が大型スクリーン上を走るというARの技術を使ったプログラムに参加。自分で書いた絵が動くのですから、すごいですよね。

 

 

ミニトレインに体験乗車ができるコーナーもあり、息子を一人で乗せました。

 

 

短い距離を往復するだけなので、あまり面白さはありません。

 

 

昨年、原鉄道模型博物館に行った時は模型にはあまり興味を示さなかったのですが、今回も同様でした。

 

 

とうい訳で早々と飽きてしまい退館しました。

 

 

ちなみに、世界鉄道博は9月11日(日)まで開催されていますよ。

 

 

 

しかし、帰るにはまだ早い。折角、横浜まできたのだからどこかに行きたいと思っていると、何と世界鉄道博の半券でカップヌードルミュージーアムに無料で入りれるとのことが判明。(今はこの企画が行われているかは不明です)

 

 

 

カップヌードルミュージーアムには、娘とは行ったことがあります。その時の様子はこちら

 

 

 

思ったより混んでいました。中国人の観光客が多かったように思います。

 

 

 

しかし、「カップヌードル」を作ることができる工房はすぐに入れました。

 

 

 

また、アスレチック施設もあまり待つことなく遊ぶことができました。娘の時は一人で遊ばせましたが、5歳児は親も同伴ということなので、中に入りました。子どもと遊ぶにも体力が入ります。

 

 

 

お腹が空いたので、チキンラーメンをたべました。息子がおいしそうにぺろりと平らげていました!!

 

 

 

今回は、写真を撮ったのですが、あとで消してしまうという失態を犯してしまいました。

 

 

ということで今回は画像は、なしです。

湘南電力&湘南ベルマーレ親子サッカー教室

はりきゅうマッサージ シーベルズ大磯 代表の渡邉航也です。

 

湘南電力が主催した親子サッカー教室に参加してきました。何と抽選で当たりました!!

 

場所は、藤沢駅の小田急の屋上です。湘南電力のWEBサイトにこの時の様子が載っています。

 

 

前回の親子サッカー教室では、練習では楽しそうにしているのですが、試合になるとまったく参加する気配がありませんでした。しかし、今回は少しだけですが、自分からボールを追っかけていました。

 

そして、ごっつぁんゴールでしたが、2点決めました!!

 

IMG_4398

成長を感じますね!!

江ノ電

はりきゅうマッサージ シーベルズ大磯 院長の美波です。

 

息子のお友達と水遊びをする予定でしたが、あいにくの天気でしたので、急遽、江ノ電に乗ってお出かけしてきました。

 

特に目的もないぶらり旅。

 

藤沢から江の島へ向かいます。

 

子どものペースに任せて移動。

 

江ノ島の藤沢駅に着くなり、グッズを見たり、電車の模型を見たり、すでに楽しんでおります。

 

先頭車両に乗りたいと騒ぐ子どもたち。

 

DSC_0101

 

この日は空いていてよかった。

 

 

江ノ島駅に到着。

 

久しぶりの江の島です。レトロな駅で懐かしい。

 

待合室に江ノ電の車両がおいてあり、しばらく見学。

 

駅を出てすぐに息子たちが大好きなレゴショップを発見。

 

初めて来ましたが、こじんまりとしているけれど、品ぞろえは豊富。

 

気が済むまでレゴで遊ばせていました。

 

DSC_0115

 

ちょうどお腹がすいかのか、「お腹がすいた~」騒ぎ、レゴショップをあとにしました。

 

 

ここから店探し。

 

ファーストキッチン江の島店に決定。

 

私はファーストキッチンが結構好きなのですが、超久しぶりでした。

 

この日は気温も低くく過ごしやすくぶらり旅にはぴったりでした。

 

チョロチョロする子どもを連れての移動はなかなか大変でしたが、たまにはこんな過ごし方も良いなあと思いました。

三浦半島 知られざる海岸歩き

はりきゅうマッサージ シーベルズ大磯 代表の渡邉航也です。

 

娘と二人で「NPO地球野外塾」の活動に、またまた参加してきました。

 

前回は、「奥多摩・はじめての洞窟探検」。

 

昨年7月に「三浦半島知られざる海岸線歩き」というイベントに参加したのですが、今回はこれの難コース版です。

 

三浦海岸駅に集合。そこからバスに揺られて20分くらい。少し歩いてから、林の中を抜けていきます。

 

DSCN0056

 

しばらく歩くと海に出ました。

 

DSCN0063

 

ここは三浦半島の秘境!?と言われている場所です。

 

海岸沿いを歩いていきます。

 

DSCN0095

 

洞窟

 

DSCN0067

 

崖をつたい

 

2016年7月18日 11:51

 

 

DSCN0077

 

途中で休憩

 

2016年7月18日 10:46

水がとってもきれいです。

 

日本じゃないみたい・・・

 

2016年7月18日 12:22

 

このコースは知っている人に連れて行ってもらわなければ、決して行けない場所です。

 

 

今度は息子を連れて行きたいですね。

 

 

格好を見て気づいた方もいると思いますが、ライフジャケットを着用しています。

 

 

こちらのNPOでは「子どもたちにライジャケを!」という活動をしております。

 

 

今年も水難事故のニュースが多く聞かれます。

 

 

子どもたちの命を守るためにもぜひライフジャケットを着用を!!

親子クッキング教室2016

はりきゅうマッサージ シーベルズ大磯 院長の美波です。

 

毎年夏休みに開催されるクッキング教室に娘と参加してきました。

 

今回で三度目です。今年は息子もおまけで参加 😉 

 

IMG_4367-1

 

何を作るか楽しみにしておりました。

 

メニューは

・ケチッャプレバーのおにぎらず

・にんじんのごまあえ

・ミモザグラタン風

・ピーマンとじゃこのサッと煮

 

栄養たっぷりで夏バテ防止という感じですが、子どもには微妙な感じ・・・

 

IMG_4377

 

もし私が夕飯で作って出したら、「何これ~」と言いそうですが、自分で作ったのとお腹もぺこぺこだったので、おいしそうに食べていました。

 

私としては、ケチッャプレバーはそのままおつまみで食べてみたかったですね 😛

 

また、来年も参加したいです!!

2016年8月3日 | カテゴリー : 子育て, 美波 | 投稿者 : seabells-oiso

御船祭

はりきゅうマッサージ シーベルズ大磯 院長の美波です。

 

大磯で育った私ですが、お祭りにはあまり縁がなくて、子どもの頃に太鼓も経験したことがなかったのです。

 

taiko

 

娘は1年生の時から太鼓に参加しており、今年は「やりたくない~」と言うかなと思っていたのですが、仲の良い友達がいることもあると思うのですが、今年も太鼓をやることになりました。

 

お祭りの10日前くらいから毎日18時過ぎから太鼓の練習をします。3年生になると難しい曲も増えるのですが、すっかりはまっているようで、楽しくやっていました。

 

今年は子ども会の役員をやらせて頂いておりますが、地域の方と交流できる良い機会だと思っておりますし、経験をしたことがないことばかりでたくさんの事を学ばせて頂いております。

 

今回初めて知ったのが、御船祭(おふねまつり)のこと。子どもが太鼓をたたきながら、山車で町内を回るだけのお祭りと思っていたのですが、御船祭に関連しているようなのです。恥ずかしながら御船祭のことは全く知らなかったのですが、700年余りの歴史と伝統のある祭りとの事。

 

event-mifune01

 

詳しくはこちら

 

御船祭のクライマックスは、なかなか迫力があるようなので、来年はぜひ見たいと思います。

夏休みが始まりました!

はりきゅうマッサージ シーベルズ大磯 院長の美波です。

関東地方もやっと梅雨明けしましたわーい (嬉しい顔)

 

illust2194

 

7月は娘が参加できそうなイベントにすべて申し込みました。

・三浦半島 知られざる海岸歩き

・夕涼み会(卒園した幼稚園)

・大磯のお祭り(太鼓)

・親子クッキング教室

・風鈴づくり教室

・茶道教室

・水泳教室

・教会サマースクール

などなど・・・

あっという間に7月が終わってしまいそうです。

私も大忙しです。

また報告します!!

 

 

2016年7月29日 | カテゴリー : 子育て, 美波 | 投稿者 : seabells-oiso

【JMOOC】しあわせに生きるための心理学 ~アドラー心理学入門~

はりきゅうマッサージ シーベルズ大磯 代表の渡邉航也です。

 

 

最近、JMOOCでいくつかの講座を受けました。JMOOCは、簡単に言えば「インターネット上の無料講座」です。

 

 

アドラー心理学のお勉強をしました。「嫌われる勇気」という本が大ベストセラーになり、大注目を浴びている「アドラー心理学」。私も2年前くらいからアドラー心理学の勉強を始めまして、実はかなりはまっております。WEBサイトの自己紹介のところにも小さく書いておりますが、日本アドラー心理学会の会員にもなってしまいました。

 

 

アドラー心理学って、「思想」がある唯一の心理学なのです。

 

 

思想的な特徴としては、

 

1・他者を支配しないで生きる決心をすること

2.他者に関心を持って相手を援助しようとすること

 

 

心理学というと、相手の心を読んだり、相手を自分の思うように操作したりというイメージがありましたし、そういった類の本を何冊も読みましたが、どうも私にはしっくりと来なかったのです。アドラー心理学にはそういったテクニックはなく、とても心理学とは思えませんでした。私はこのアドラーの思想に共感をしたのだと思います。アドラー心理学についは、そのうち別に記事として書きたいと思っています。

 

 

実は昨年にJMOOCでアドラー心理学入門を受講しております。ブログに書こう書こうと思っていたらすっかり忘れてしまい、そうしたら5月に同じ講座が開かれたことを知り再受講しました。

 

 

この講座の参考文献として、「アドラー”実践”講義 幸せに生きる」が紹介されています。

 

 

アドラー“実践"講義 幸せに生きる (知の扉)

 

 

「嫌われる勇気」はとても面白く書かれており読みやすいですが、アドラーの一部分を抜き出して書いているにすぎませんので、アドラー心理学を勘違いしてしまう可能性があります。参考文献の本は、アドラー心理学の基本原則がしっかりと書かれており、とてもおすすめです。人気の講座のようですし、またそのうち開講されるのではないかと思いますよ。

 

 

昨年の修了証

Certificate20160625074353

 

今回の修了証

Certificate20160711140258

 

そしてアドラーと言えば「子育て」です。

 

 

「パセージ」というアドラー心理学に基づく育児学習コースは、子育てをしていくうえでの悩みごとがある方や、より育児を楽しいものにしたい方への親子関係のプログラムです。

 

 

私も昨年の秋に「パセージ」を受けました!

 

passage

 

とても勉強になり、自分の子育てのやり方を見直すきっかけになりました。ぜひ皆さんに紹介したいと思っているので、いつか記事としてまとめたいと思っています。