オープンパスメソッド協会 勉強会

はりきゅうマッサージ シーベルズ大磯 代表の渡邉航也です。

勉強会



オープンパスメソッド協会の小川先生から勉強会の連絡を頂きました。



内容は、LRモデル・テクニック、ポジショナルリリース、カンターストレインの使って交換セッションを行うとのこと。



私は、 オープンパスメソッド協会 の認定ファシャワーカーです。2013年に認定されました。約1年半を掛けて、130筋以上のバルペーション(触察)トレーニングと筋膜リリースの手技や姿勢分析などを学びました。



この先にはソマティカルワーカーやインテグレーティブワーカーの講座があったのですが、一応私はファシャワーカーで一区切りをつけました。



その後も、オープンパスとはゆるやかに繋がっていて、時々、クライアントモデルとして参加したり、昨年は、 クレニオセイクラルセラピーの単発講座に参加させていただきました。



今回の勉強会の内容は、 当初はソマティッカルワーカーやインテグレーティブワーカー の方が対象だったのですが、 ファシャワーカーも参加可になりました。たまたまこの日は予定が空いておりまして、すぐに参加のご連絡をいたしました。


ポジショナルリリースとは、簡単に言うと、筋肉の緊張が緩和する姿勢(ポジション)に誘導することにより痛みや筋肉の緊張を解放(リリース)するテクニックです。


ルーツは、オステオパシーのストレイン・カウンターストレインというテクニックですが、ある分野においては、ポジショナルリリースと言われているようです。


両者の違いは若干あるようですが、圧痛点の緊張が改善する楽な姿勢に誘導して、リリースするまで維持するという点は共通のようです。



そういえば、活法にも、 ポジショナルリリースのような技がありますね。たとえば、腰部外側(主に腰方形筋)に圧痛があった場合に、股関節を外転してもらい、圧痛が緩和した場所で、下肢をピョンと引っぱるという技です。残念ながら動画はありません。今度、自分でyoutubeにアップデートしようかしら・・・





まずは、カウンターストレインについての説明とデモ。私は初めてだったので、デモを受けさせていただきました。その時の動画がこちら。


僧帽筋下行部の圧痛が一気に楽になりました。面白いですね~。



その後は二人組に別れて交換セッションを行いました。まずは、全員で分析を行います。小川先生がリードしながら対象筋肉を絞っていきます。



最近は、筋肉の細かいところまで診察をしなくなったこともあるのですが(あえてそのようにしている)、対象筋肉がすぐに出てきませんでした(泣)



小川先生の分析はさすがですね。私もこのようにパッパッと分析できるようになりたいものです。



なかなか対象筋が探せないと、「あまり考えず、パっと思いつく筋肉をあげてごらん」とのアドバイスがありました。意外とその方が合っているとのことでした。



私も施術をするときに、「何となくこの辺が怪しい」とか、「何となく活法のこの技が効果ありそう」いう直感を大事にするようにしています。励みになりました。



私は小川先生と交換セッションを行うことになりました。非常にラッキーです!!



お腹の緊張を緩和していただくようにお願いしました。久しぶりの小川先生の施術です。



小川先生の触察は本当に素晴らしいです。優しいのだけれど力強い。陳腐な表現しかできませんが、安心しておまかせできます。この触れ方は私の目標とするところの一つです。



筋肉だけでなく、内臓の触察までしていただき、しかも 「LRモデル™」 まで体験。



うーむ、すごい・・・



「LRモデル™」 は、オープンパス独自のテクニックで、私も習ったことがないので細かいこは分かりません。機会があれば指導を受けたいですね。



小川先生のブログに少し説明がありました。自分のメモとしても、リンクをしておきます。



今度は私が施術する番です。結果は・・・小川先生のブログから引用。

ちなみに私は、動画に登場される渡邉氏と、この後、交換セッションをしました。


渡邉氏は、ストレイン/カウンターストレインを正式に習ったことはないということでしたが、簡単なレクチャーを受けられた後、私の頸部痛をたちまち解消してしまいました。


凄腕!

ボディワーカー 小川隆之のブログ



小川先生の手助けもあり、対象筋肉も勘に任せたものですが、初めてにしては、まずまずだったのではないでしょうか。



今回の勉強会は、オープンメソッド協会の会員は何と無料でした!!こんなことまで教えていただいて、申し訳ないくらい中身の濃い勉強会でした。



とてもよい刺激になりました。またお邪魔したいと思います。

参考書籍

リンク

姿勢と機能改善クラス2/12

はりきゅうマッサージ シーベルズ大磯 代表の渡邉航也です。

姿勢と機能改善クラス ダンロップ金沢文庫

毎週水曜日21:30~22:15に体育館で行っています。女性限定で10名の少人数のレッスンです。スポーツクラブの会員のみご参加いただけます。今のところ女性のみとさせていただいております。将来的には男性の参加も考えております。


2月のテーマは「ロコムーブ」

昨年の5月にも行いましたロコムーブが再び登場。



詳しくは、こちらのサイトをご覧になってください。



私は、開発者の方から教わったわけではありません。書籍や映像を通じて学ばせていただき、自分で実践して、腑に落ちたところを、参考にさせていただいております。



今回は、

・フェニックス

・カンガルー

・チーター

の3種を行いました。



第2週目。先週も参加されてメンバーで、人数も少なかったので、細かくチェックしました。


フェニックスとチータは3回。カンガルーは10回。それを3セット行いました。




参考書籍

参考動画

後半のフリーワーク



鼻呼吸と口呼吸。腹式呼吸と胸式呼吸。


参加者の一人が、学生のときに声楽を習っていたことがあり、腹式呼吸のトレーニングをされていた、との事でした。どのように教わったのかを伺い私も勉強させて頂きました。


腹式呼吸というと、お腹を凹ませたり、膨らませたりすればOKと思っている人がおります。


私も下腹部周囲を限界まで膨らませたり、凹ませたりといったワークを一時行っていましたが、どうしても余計な力みが入ってしまいました。


腹式呼吸は意外とできていないものです。


今回は、仰向けになり、ひたすら自分の呼吸と向き合いました。


声楽をやられていた方も、「難しい~」といいながら、楽しまれていたようです。


こういった地味なワークから、何を感じ取り、日常生活に落とし込んでいくのか。


隣のレッスンスタジオでは、派手を音楽を掛けて、筋トレを行っています。これはこれで、楽しく、ストレス発散にもなるでしょう(やり方によっては逆効果のこともあるでしょうけど。)


また別のフロアでは、女性専用のホットヨガのレッスンもあります。


私のクラスでは、少人数で、地味に肉体と向き合っております。

リンク

碓井流活法 稽古日誌 第26回 2020/2


2018/1より活法技塾の1期生として学んおります。月1回の開催。通常は6年間で卒業なのですが、私は活法研究会で2010年から学んできましたので、特例として4年間で卒業となり、教導師として認定される予定です。


このブログは活法にどっぷりはまったひとりの施術家の記録でもあります。これから活法を学んでみたいという方にも参考になればと思っております。

心得

  • 前回紹介した『弓と禅』のエピソードを活法で再現してみよう!
    • コツ1 無我
    • コツ2 呼吸
    • コツ3 丹田
  • 活法秘伝五箇条
    • 秘伝なので内緒です。人生の糧になる内容です。

練習した技一覧

  • 足首の牽引(足上げ)
    • 活法DVD下半身編の技 足首の調整や下半身のむくみ
  • 足首の牽引
    • 足上げができない高齢者などに
  • 踵の牽引
    • 足底の痛みに対して
  • 脛骨入れ
    • 足首の痛みにたいして。ヒールを履いてる人など。
  • 甲状腺機能障害の調整
    • 亢進、低下ともに可。他のホルモン異常にも応用
  • つわりの調整1
    • 仙骨への刺激。夫さんにも指導
  • つわりの調整2
    • 脊柱の骨格調整

碓井流活法に興味がある方へ

碓井流活法は、大げさに言えば、人類の共通財産だと思っています。医療系の国家資格を持っている方だけでなく、整体師、カイロプラクター、トレーナー、スポーツインストラクター、ボディワーカー、武道家、エステティシャン、健康に興味がある一般の方など誰が学んでも活用できると思います。私が協力させいただきます。人数と場所があれば全国各地まで馳せ参じます。お気軽にご相談くださいませ。

参考DVD

リンク

姿勢と機能改善クラス2/5

はりきゅうマッサージ シーベルズ大磯 代表の渡邉航也です。

姿勢と機能改善クラス ダンロップ金沢文庫

毎週水曜日21:30~22:15に体育館で行っています。女性限定で10名の少人数のレッスンです。スポーツクラブの会員のみご参加いただけます。今のところ女性のみとさせていただいております。将来的には男性の参加も考えております。


2月のテーマは「ロコムーブ」

昨年の5月にも行いましたロコムーブが再び登場。



詳しくは、こちらのサイトをご覧になってください。



私は、開発者の方から教わったわけではありません。書籍や映像を通じて学ばせていただき、自分で実践して、腑に落ちたところを、参考にさせていただいております。



今回は、

・フェニックス

・カンガルー

・チーター

の3種を行いました。



第1週目ですので、少し細かく解説をいたしました。



受講者の感想では、背中に効いた気がする、肩こりが楽になった、という声があり、1回目としてはまずまずだったかなと思います。



参考書籍

参考動画

後半のフリーワーク


目を閉じて、その場で60秒足踏みをします。


目を開けたときに、どちらの方向を向いているか?


何と全員が右を向いておりました。


そこで、本日紹介したフェニックスの片側だけを行いました。左側のみです。


そして再びその場足踏みのテスト。


結果、二人がまっすぐになり、もうひとりは、左を向いておりました(最初と逆方向)


私も事前に試しました。テストでは左を向いたので、右のフェニックスを行ったのですが、 私は変化がありませんでした。しかし、左のフェニックスを行ったら、正面を向きました。



人間の体って面白いですよね。


皆さんには、体の変化を感じて、楽しんでいただけたようで良かったと思います。「自分の体と向き合う」というのが、このクラスのテーマのひとつでもあります。体の感覚をみなで高めていけたらいいなと思います。

リンク